VOICE

体験者の声

ヒプノ赤ちゃんを体験された方々からいただいたご感想や喜びの声をご紹介します。
セッションについてのお問い合わせ、お申込みは、直接各プラクティショナーにご連絡ください。
潜在意識で繋がっている親子関係の絆の深さを実感(30代 ヒプノセラピスト)

第二子を授かるとすぐに、私は赤ちゃんから「大丈夫だよ。何の心配もいらないよ」 というメッセージを受け取りました。それは、出産のことだけでなく、私自身の人生の歩み方に対するメッセージでもありました。当時、私は今後の人生に対して問題を抱え、大きな不安と闘っていたのです。


妊娠してしばらくすると、つわりが始まりました。吐き気がだんだんと強くなり、体調が悪くなる状況は、たいがい赤ちゃんの成長が心配になった後に起こりました。心配とつわりは連動していたのです。そこで私はセルフヒプノ(自己催眠)で潜在意識に入り、赤ちゃんはこれからも問題ないということを深く感じ、「つわりは必要ない」と自身によく認識させました。すると、次の日からつわりはパタリとなくなり、妊娠期間はとても元気に過ごせました。呼吸法を練習したり、夫と一緒にCDを聞いて赤ちゃんとの絆を深めたり、夫に催眠誘導をしてもらう練習をしたり、日々出産に備えて行動していました。痛みに対する恐怖があったため、安産のポジティブなイメージを何度も練習しました。深い呼吸法やリラクセーション法をしていると、精神的にも肉体的にもとてもリラックスして過ごすことが当たり前になりました。

波動運動が始まるとすぐ、私は深い催眠状態に入ることができました。最後の強い波動の間は、時間の感覚がなく、私が産むというより、むしろ赤ちゃんが誘導してくれているような感覚でした。自分がその時に取りたい体勢で、一切いきむことなく、誰からも何の指示も強制も受けずに、本当に自然な流れで娘は生まれてきました。取り上げたのは夫です。 初めの波動から赤ちゃんが生まれ出るまでの間は、完全な平穏の状態。時間の流れの違う場所にいたような感覚で、心地良くて静かで平和で無の状態に近いものでした。赤ちゃんが誕生すると、突然すっと時間軸が変わり、「今ここ」の次元に戻ってきて、ゆるやかに時間が流れ始めたと感じました。
 娘は泣くこともなく、穏やかな様子でした。出産後すぐに私は、自分が元気いっぱいなのを感じました。疲れもまったくなかったのです。一生忘れることのできない、至福に満ちた経験でした。

生まれてからも、つねに娘とは潜在意識で繋がっている状態で、親子双方向に要求や意志がスムーズに伝わりやすいと感じます。これまで娘が泣いているとき、その理由がわからないということは一度もありませんでした。赤ちゃん時代のあらゆる要求(おっぱい飲みたい、おむつを替えて、お腹がはる、体制が嫌など)について、こちらはすぐ理解できるので、要求が満たされてすんなりと泣きやむのでした。余計な心配をせずにリラックスして子育てにのぞめると、私も夫も感じています。 こんなに素晴らしいお産が経験できる。その道はどの女性にも開かれている。そのことを多くの人に知ってほしいと思いました。お産とは自然なものであり、神秘的なものであり、そして両親と家族を選んで生まれてきてくれる新しい生命とその家族みんなのもの。これは『ヒプノ赤ちゃん』によって与えられた、最高のギフトでした。


理想通りではなく帝王切開のお産でも、これがベストだと納得。(2009年 40代)

私が乳ガンを発症したのは、30代半ばのことです。手術後から始まったホルモン治療が辛く、薬に頼る治療をやめて、内在する治癒力を引き出す代替療法に切り替えました。そんな折り、ボロボロになった心身を癒そうと、宮崎ますみさんのヒプノセラピーを受けたのです。潜在意識に繋がることで病気になった意味に気づき、人生を立て直すきっかけになりました。

それから間もなく妊娠しました。乳ガンのサバイバーである私の体内で、もう一つの命が育まれることは奇跡であり、「お腹の赤ちゃんは私を救いに来てくれたのに違いない」と思えました。ますみさんから催眠出産法について提案があったとき、「やってみたい!」とすぐに心が動いたのです。深くリラックスすると痛みが緩和されることも、本来の力を引き出して自然体で出産するということもすんなり理解できました。

呼吸法、リラクセーション法などを、ますみさんからマンツーマンでご指導を受け、妊娠中は自分自身と向きあい、お腹の赤ちゃんとも繋がることができました。胎話法で赤ちゃんとコミュニケートし、毎日、幸福感を味わっていました。

ところが、出産予定日まで一カ月をきった頃、血圧上昇と腎不全で母体が危険な状況に陥ってしまったのです。急遽、入院を余儀なくされ、お医者様からは帝王切開を進められました。「せっかく呼吸法やリラクゼーションを練習してきたのだから、自然分娩で産みたい」と思い、もう少しだけ様子を見てほしいと告げ、ギリギリまで待っていただきました。でも、私の体はすでに悲鳴をあげていたのです。

私はベッドの上でひとり静かな時間を持ち、赤ちゃんと胎話してみました。「もう少しお腹にいたかったのに、ごめんね。時間が来たみたいだから、出ておいで」 心の中でそう告げると、抵抗する気持ちやこだわりが消えて、「現実を受け入れよう」と腹をくくることができました。 結局、私の出産は、思い描いていた理想に反して帝王切開でした。それでも、2500gと少し小さめで生まれてきた娘と対面した時は、「来てくれてありがとう!」と愛しい気持ちがこみ上げてきました。

正直、しばらくは『ヒプノ赤ちゃん』を活かせなくて、とても残念な思いでした。あんなに練習して、体験を楽しみにしていたのに…。けれども時間がたつにつれ、自分の望んだ通りではなかったけれど、「私と娘にとってこれがベストだった」と納得できるようになりました。自分を責めず「結果オーライ」と思えたのは、やはり『ヒプノ赤ちゃん』を学んでいたおかげです。

人間、理想を追い求めるのは当然かも知れませんが、そうならなかったときに、「すべては完璧。これも私が選んだこと」と柔軟に受け止められると、自分を責め続ける呪縛から解き放たれ楽になれます。自分に対する信頼が深まることも、ヒプノの恩恵です。 

2015年1月で6歳になった娘は、多くを語らなくても、私の気持ちをわかっていることがよくあります。それは、お腹にいた時から繋がっていたからかなと思います。

父親にとってお腹の赤ちゃんとの胎話は価値ある体験(2012年 30代 パパの感想)

『ヒプノ赤ちゃん』の説明会でいろいろな話を聞いて、出産に対する概念がガラリと変わりました。「本来、女性には自然に産める力があり、赤ちゃんは教わらなくても回りながら自然に自分の力で出て来れる」。その手助けをすることが自分の役割だと理解し、「やってみよう!」とスイッチが入りました。子どもを授かった時点で、「赤ちゃんが自分たちを選んで来てくれた」と思うと縁や繋がりが感じられ、また胎話法でお腹の赤ちゃんと実際に話ができたときから、『ヒプノ赤ちゃん』は三人で取り組んでいるのだという意識が強くなりました。

『ヒプノ赤ちゃん』の目的の一つに、女性が痛みを感じないというのは当然あるけれど、それはあくまでもお母さん側の視点。私たちは「赤ちゃんが出てくるのをいかに二人で手伝ってあげられるか」という視点に立って、出産の予行演習のつもりで、呼吸法やイメージ化の練習をしました。主役が赤ちゃんで、この子が幸せに生まれてこれるようプロデュースするという意識でした。そのモチベーションがあったから、私自身も続けることができました。

自宅出産の予定が、実際のお産は思いがけず早くに破水し、それからが長かったです。医師から、羊水が出続けると負担がかかるので、薬を打つか帝王切開になることもあると言われましたが、「赤ちゃんが自分の決めたタイミングで出てくる」と信じることができ、焦りや不安はありませんでした。『ヒプノ赤ちゃん』を学んでいなければ、医師の言われるままだったでしょう。

生まれる当日、彼女自身、ずっとお腹に手をあてて、波動がきたら呼吸法を繰り返し、リラックスして過ごしていました。練習した通りに、とてもうまくできていて、本人も痛い様子はなく、分娩台に上がってからも呼吸を整えて意識を集中していました。私は耳元で話しかけ続け、それに合わせて彼女が呼吸法を繰り返していたら、とても穏やかに自然に赤ちゃんが生まれてきました。

私たち夫婦は『ヒプノ赤ちゃん』に出会えたからこそ、お腹にいるときから毎日が楽しかったし、いざ本番というときも焦りや不安がなく思い描いていたようにできました。「上手に生まれてこれたね!」と、静かな感動と共に我が子を迎えることができました。

すでに家族としての繋がりと愛情を強く感じていましたから、その先の子育ても二人でやるのが当たり前。スタート地点ですでに家族の絆ができていることは、サポート役の父親にとって、実は一番大きなこと。それだけでも、取り組む価値があるでしょう。

出産の満足度が高く、その後の身体もとても楽なので、育児の大変さも随分軽減されたよう(2015年 30代)

自然に痛みなく安産したい、という思いから受講を決めました。2回目の出産でしたが、前回とは別物。最高の出産に大満足です!

それほど痛みなく、会陰切開もなく、イメージした通りの出産ができました。波動が2分~1分半間隔になっても、間に昼食がとれるくらい余裕があって、楽しめました!

病院では、最初バースプランを読んでくれていない助産師さんだったのか?こちらのヒプノ状態関係なしに話しかけられていましたが、夫がヒプノについて伝えると、承諾して協力して上手に誘導してくださいました。

出産後助産師さんから、「ヒプノ赤ちゃんについて聞いてみたい。先生は近くにいるの?すごく穏やかで上手だったね。いつの間にヒプノなんてやってたの?神秘的な出産だった」と言ってもらえました!

出産の満足度が高く、その後の身体もとても楽なので、育児の大変さも随分軽減されたように思います。

通常の立会い出産よりもっと男性が主体的に取り組めるので、パートナーと二人でするお産のかたち(2014年 30代)

「3人目を、ヒプノ赤ちゃん+水中出産という形で出産しました。
ヒプノ赤ちゃん講座を通じて、パートナーと自分たちの理想的なお産について考えることが出来ましたし、それをもとに、しっかり産院と話し合えたので、とてもとても素敵なお産になりました。
波動も普通に余裕で過ごすことができ、最大の時も前回の比にならないくらい短く、またわりと楽に乗り切れました。

水中出産に臨んでから、ベビちゃん主導の分、時間はかかったのですが、出産の時に寝てしまったほどリラックスもできていて(笑)
頭を触る余裕もあったし、水中から抱き上げる余裕もあり、本当に悔いのないお産になりました!!

新生児の頃から、落ち着いていて、よく眠る赤ちゃんでした。そして早い段階から、意思のある笑顔を見せてくれていました。
バーストラウマのない赤ちゃんは、母子共に本当に幸せな時間を過ごせます☆なにも怖がってないから、必要以上に泣かない! ママを信頼してくれてる、と感じます。

ヒプノ赤ちゃんは、パートナーシップの絆を深めるものでもあります。通常の立会い出産よりも、もっと男性が主体的に取り組めるので、パートナーと二人でするお産のかたち……。
私は、ヒプノ赤ちゃんでパートナーと共に最後の3ヶ月を歩み、2人で産んだと思っています。妊娠中から、パートナーに胎児ちゃんをイメージしてもらえると(触れたり話しかけたりより深く頻繁なレベルで)、そのあとの子育てで、協力ではなく、共に、という姿勢が互いにできたような気がしています。

生命の誕生という極めて神秘的なライフイベントを、本来あるべき形で行うことを手助けするもの(2015年 30代)

娘が生まれて2ヶ月がたちました。ヒプノ赤ちゃんに出会ってから今日まで、本当に夢のような日々を送っています。

講座の最後の「胎話」のセッションでは、自信満々の笑みを浮かべている赤ちゃんが「大丈夫!まかせといて!」と私に語りかけてくれました。あまりにも自信たっぷりなのでなんだか可笑しかったですが、それならばと、大船に乗った気持ちでお産に臨むことにしました。

お産は子宮口が開くまではあっという間だったのですが、その後なかなか赤ちゃんが降りてこず、何時間も分娩台の上で頑張らなければならない状況になりました。モニターを通して聞こえてくる赤ちゃんの心音が、分娩室中に響きわたっていました。そして陣痛の波がくるとき、その鼓動はひときわ大きく響きました。娩出期が長引くことで通常なら弱くなることの多い心音が、あまりにもドックンドックンと力強く響くので、助産師さんが驚くほどでした。まるで私に「お母さん、いまだよ!一緒に頑張って!」と言ってくれているようでした。何度も、何度も赤ちゃんからの合図をもらい、そのたびに赤ちゃんと力を合わせてがんばりました。胎話で「まかせておいて!」と自信満々だった赤ちゃんそのままに、「その調子!もう少しで出てくるから、がんばって!」と言ってくれている声が聞こえてくるようでした。

そして娘はヒプノ赤ちゃんのコースを修了した約10時間後に、「待ってました!」と言わんばかりに元気な産声を上げて生まれてきました。修了証を手に記念撮影をした約一時間後に陣痛が来たことは、偶然ではないと思っています。ヒプノ赤ちゃんは、単に痛みを和らげるといった実践的なテクニックにとどまるものではなく、生命の誕生という極めて神秘的なライフイベントを、本来あるべき形で行うことを手助けするものであると私は思っています。十分にイメージトレーニングや呼吸法の練習ができていない状態でのお産となりましたので、お恥ずかしながら「痛い痛い」と弱音を吐く自分がいましたが、生まれてくる赤ちゃんとの絆を強く感じながら出産できたことが、本当にうれしかったです。

出産から2ヶ月たった今も、茶目っ気たっぷりの元気な女の子っぷりを存分に発揮してくれています。出産という女性にとって最大のライフイベントを、リラックスして心から満足できる形で行えたことを、本当に嬉しく思っています。

愛おしい我が子を迎える心の準備、体の準備ができて、本当に良かった(2015年 30代 ご夫婦)

ママのご感想
まず、はじめに今回私はヒプノ赤ちゃんを受けて本当に良かったと思います。
*本当の出産について知れたこと(恐ろしい!痛い!ものではない/お産の際の気持ちと体の関係・子宮の動き)。
*恐れがなく、穏やかでスムーズな出産ができたこと(私の場合は全く痛みを感じなかったというわけではないですが、正直周りが言うほどでは全然なかったです、産んですぐ忘れられるくらいのものでした「痛かったっけ?」くらいな感じです。そして、超安産でした)。
*主人と一緒に我が子をむかえる準備ができたこと(主人とともに参加できて絆もさらに深まりました。また出産だけではなく、日々の生活で使えるハッピーになれるコツのような内容でもあると感じています)。
ぜひ、一人でも多くの方にヒプノ赤ちゃんを知ってもらえるきっかけになればと思います。

まず、最初のご挨拶(ヒプノ赤ちゃんの説明)に伺う前に、ネットで調べてみると、正直にいうと、日本語が「催眠出産」と書かれているので、「催眠」という言葉に少し、いや、結構?(笑)抵抗がありました。
しかし色々な話を伺うと、自分が思っているようなコテコテの「催眠」というような内容ではなく、(催眠というと、他人から自分をコントロールされるイメージでした、受動的な)あくまでも、能動的で自分のモチベーションや心をコントロールする術やコツのようなイメージに近かったです。

あぁ、これに近いなと思ったのは、サッカーの日本代表は試合前にモチベーションを上げるためにそれを目的としたビデオを見るそうです。感情が高ぶるような感動的なモチベーションが奮い立つような内容らしいのです。(主人もあるスポーツの強豪校選手で、高校でもそういうのをするところもあるようです)
オリンピック選手が本番に一番体も心も最高潮に持っていくという話もよく聞きますよね、一流の選手がそういうときに利用する術、それに近いようなイメージでした。(体育会系なのでこの例がピンときました(笑))

ヒプノ赤ちゃんの起源に関する話もとても理論的・・・というと硬いですが、理にかなっていて、理解ができたし、その術であるセッションもとても楽しいものでした。
お産の時の子宮の動き、なぜ痛みがあるのか、それは単なる痛みなのか? 体と心の関係など、頭で理解して心の準備ができたので本当にお産が全く変わったと思います。
ヒプノ赤ちゃんを受けていなかったら、なにも理解せず、ただ単に痛いだけという心づもりで挑むしかなかったと思います。
愛おしい我が子を迎える心の準備、体の準備ができて、本当に良かったと思います。
ぜひ、これからお産をされる方にはぜひ知ってほしいです。そして、ぜひ可能であれば最愛のパートナーと一緒に赤ちゃんを迎える準備をおすすめします。

パパのご感想
嫁から初めて、ヒプノの話を聞いた時の印象を正直に言うと、「何かうさんくさいけど、大丈夫かな?」というものでした。実際に一度お伺いさせて頂き、その時のイメージが悪ければ、止めるように嫁に伝えようと思っておりました。
しかし、実際に直接、話をお伺いさせて頂くと自分がイメージしていた「催眠」とは全く違ったもので、誤って潜在意識に刷り込まれてしまっている「出産」の概念を一から丁寧に教えて頂き、非常に勉強になりました。

本番に向けて呼吸法やその他の不安を和らげる方法等を教えて頂き、事前準備をしていたのですが、出産のタイミングが夜中になってしまい、出産に立ち会う事は出来ませんでしたが、病院の先生が驚く程安産で、子供が産まれて来る事が出来ました。

これも事前にヒプノを通じて「出産」とは怖くて恐ろしいものではなく、新しい「生命」が誕生するかけがいのないものであるという事を嫁がしっかりと理解出来ていたからだと思います!
まだまだ、ヒプノ赤ちゃんについては知られていないと思いますが、 ヒプノ赤ちゃんの素晴らしさを是非、より多くの方に知って頂き、そして実感して頂きたいと思っております!

自分の体にすべてを委ね、リラックスすることに集中してたら体が勝手に産んでくれました。(2014年 30代)

昨日の夜9時近くに女の子を出産しました。前回に続き、スピード出産で、病院ついてから2時間半で産まれました。
陣痛室では呼吸で痛みを逃がし、叫び声ひとつあげませんでした! かなりリラックスできていたと思います。子宮口全開から5分で産まれましたが、この時間は痛かったです。無痛とはいきませんでした。残念!
でも先生からは、○○○さんは力まなくても赤ちゃんは生まれるからこのまま逃がし続けていいよといわれました。そしてずっとバラがひらくイメージで力を抜き続けました。そのお陰で、痛い時間はほんのわずかな時間ですみました。

そして会陰は外も中も全く傷ついていないようで、分娩直後からおしっこするのもまったくしみないし、円座座布団なんていりません。リラックスして産めた証ですね!
そして何よりすごいなと感じたのは、自分の体にすべてを委ね、私はリラックスすることに集中してたら体が勝手に産んでくれました。

病院について陣痛室に入ったとき既に子宮口は6センチ開いていて、一人目のときは痛みでトイレに行くのもやっとでしたが、今回は今ならいける!とか、体が教えてくれて、もうすぐ破水しそうだから分娩室に今行った方がいいとか、すべてが絶妙なタイミングで運ばれていました。体の声が聞こえてきた感じです。
旦那さんは仕事で間に合いませんでした。でもこれも私にとっては好都合で、一人でいたからすごくリラックスできて気にせず集中できた感じです。

○○病院のナースのかたはヒプノ赤ちゃんというのを知らなかったようです。でも誉められました!
そして、やっぱり赤ちゃんが穏やかなんです!!そして元気。おっぱいを飲むのも集中して長く飲むし、その後はあまり泣かずにずっと寝てるんです。
私が赤ちゃんとの対話で力強さを感じたままでした。一人目よりちゃんと感じながら、感動しながら出産できました。ヒプノ赤ちゃん受講してよかったです。

「出産当日が楽しみでしかたない!」と思えるように心の準備を整えられたことは、私にとって大きなギフトでした。(2013年 30代)

振り返ってみて、印象に残っていることは「本当に痛くなかった!」ということです。
体感してみると、出産というのはものすごいエネルギーの波で、波にもまれるワカメのようになった私は、出産後に疲れていましたが、本当に「痛み」は感じませんでした!!!
(体の望むままに声を出していたので、うなったりしていました。なので、周りにいる人からは痛そうに見えたそうです(夫談))

出産時間は12時間という、平均的な時間だったのですが、最初の6時間くらいはとてもリラックスしてうとうとしながら過ごしていました。
「陣痛」という波が来ても、教えていただいたリラクセーション&イメージの技法で、ゆったりと過ごすことができました。緊張せずリラックスしていたので、陣痛が弱くなってしまうこともなく、順調にお産は進みました。

産後も母子ともにとても元気で、出産が終わってすぐに生まれたての赤ちゃんを胸にだきながら夫や母と話をしたり、出産して2時間後にはパクパクごはんを完食したりできました。「痛み」による疲労がなかったので次の日からもとても元気でした。後陣痛も全く感じませんでした。

ヒプノ赤ちゃんを一緒に学んでいた夫は出産中もとても頼りになり、励まし、安心させてくれました。出産では男性が役に立たないなんて言われますが、そんなことはありません! 出産に尽力してくれた夫には感謝が深まり、家族の絆が深まる機会にもなりました。

また、出産前から「出産当日が楽しみでしかたない!」と思えるように心の準備を整えられたことは、私にとって大きなギフトでした。お陰さまで、出産当日は思い描いた通り本当に素晴らしい体験でした。出産当日までの日々を「痛かったらやだなぁ」と思いながらビクビク過ごすのではなく、のびのび楽しみにできるって素晴らしいですよね。

「ヒプノ出産で生まれた赤ちゃんはおだやかだ」というジンクス?どおり、生まれた赤ちゃんはとてもおっとりしていて、1歳4か月になるまでに夜泣きをしたことは3回しかありません。(その三回も、風邪をひいたりして体調が悪かった時です)

家族の絆が深まるのもヒプノ赤ちゃんならではだなぁと感じました。本当に素晴らしい学びをありがとうございました!!!

Page Topへ